ゲームを趣味とすることはいけないか

ゲームには様々なものがあるので、その効果を考えれば、ゲームが趣味なことは決して悪いこととは言えません。

ゲームを趣味とすることはいけないか

ゲームが趣味なのは悪いことではない

趣味が「ゲームです」と言うと子供っぽいとか思われてしまいがちですが、ゲームにも色々あって、一概に子供っぽいわけではありません。
例えば私はアクションゲームはしません。反射神経が鈍いので向かないですし、あまりがちゃがちゃと音が煩いのは好みではないのです。

でも、まったりのんびりプレイできるものや、パズルのようなものは大好きです。

脳を鍛えるなどの銘を打ったゲームもありますが、そんなことをしなくても十分に頭を使うゲームはたくさんあります。
例えばクロスワードパズルなどもゲームのひとつですよね。スタンダードなクロスワードパズルから、複雑なクロスワードパズルまで、ゲーム機でできるパズルには様々なものがあります。
こうした中で自分が知らなかった言葉を覚えていくことができます。

私が最も好むのは謎解きタイプのゲームです。

事件が起きて犯人は誰かを捜していくとか、クイズに答えていくことで真相に近づくとか、そういうゲームが大好きです。

というのもただ答えを見つけるだけでなく、ストーリーがあるからです。

ロールプレイングゲームに近いストーリー性と、頭を使うクイズとが合体していて、一粒で二度美味しい気持ちを味わえます。
とはいっても頭を使うゲームばかりでは飽きてしまうわけでして、そういう時にはただ絵を描いたり、魚を育てたりするソフトで頭を休めます。
このようにゲームといっても様々な効果をもたらすものがあり、ゲームだから子供っぽいと切り捨ててしまうことはできません。

Copyright 2017 ゲームを趣味とすることはいけないか All Rights Reserved.