ゲームを趣味とすることはいけないか

ゲームのプレイ中というのは至福の時間です。子供に戻れる瞬間。趣味を使って上手にストレス発散しましょう。

ゲームを趣味とすることはいけないか

趣味のゲームでストレス発散しよう。

私は現在30際。ゲーム歴20年以上はあるでしょうか。趣味として長く付き合っています。
そんな私が最近思うのは「ゲームは最高のストレス発散だ」ということです。

ゲームをする瞬間はストレス社会に生きる大人が子供に戻れる瞬間でもあります。
社会人になると、勉強やスキルアップに対する強迫観念があったりします。
かく言う私もゲームをやり過ぎた日などは、こんなことをして仕事面でステップアップできるのだろうかと迷うこともあります。
でも最近は完全に気持ちを切り替えて「ストレス発散タイム」とし割りきっています。
実際、街を歩いていて、興奮したり、感動したりって、日常生活上では少ないもの。貴重な体験と言えます。
そんな体験を僅かな時間で体験させてくれるのがゲームな訳です。

子供のように笑ったり、泣いたり、怒ったり、悔しがったり。そんなことできる機会はなかなかありません。そんな機会をくれるのがゲーム。ゲーム体験は人生の贈り物な訳です。

もちろん大人ですからけじめは必要です(時間制限するとか)。
でも、私は精神的な安定の為にも、きちんとゲームする時間は確保しています。
勉強もしながら。

ゲームをしすぎて罪悪感、喪失感を味わってしまう方には、何かをしたときのご褒美としてゲームをとっておくことがオススメです。

基本的にみなさん、帰宅して直ぐゲームをしてしまうのは良くない。社会人として必要な勉強をする。
例えば1時間する。そしてそのご褒美としてゲームをとっておくんです。

そうすることで、罪悪感を感じず、素晴らしきゲームの世界に完全に入り込むことができます。
そしてゲームをするときはおもいっきり感情を解放する。コントローラーに当たってしまうことがあってもいい(壊さない程度に)。ゲームを単なる趣味にしてしまうのではなく、人生の自己投資と考え、前向きに付き合っていくことが大切だと思います。

Copyright 2017 ゲームを趣味とすることはいけないか All Rights Reserved.